授乳後の垂れた胸を治すには

授乳後の垂れた胸を治しハリとボリュームを出す方法

出産、育児と忙しかったママ一年生も、もうすぐ卒業。

 

離乳食も完了期に差し掛かると、今までは、赤ちゃん中心の生活で夢中で生きてきて、気づいてみれば自分は・・・

 

なんてことはありませんか?

 

 

今まで、大切な赤ちゃんの生きる糧となってきた、おっぱいですが、断乳すると同時にその役割を終えます。

 

役割を終えたおっぱいは、乳腺脂肪も徐々に減り始めて、妊娠前の大きさに戻っていきます。出産時にはピークだった、ボリュームのあるバストサイズとも 「さようなら」です。

 

しかし、戻ってみると、「元通りになった?」「こんな形だった?」と、自分のバストを見てショックを受ける人が多いのです。

 

多くの理由は、しぼんだ、垂れた、乳首が黒ずんだ、形がいびつになった、左右の大きさが違う、乳首の形、大きさが大きくなってしまった、などなど。

 

授乳を毎日していた人ほど、その変化は大きいのかもしれません。

 

そんな、離乳後のバストに 張りとボリュームを取り戻すためにはどうしたらいいのでしょう。

 

乳首の色が、黒ずんでしまうのは、妊娠中はメラニン色素が増えるためだそうで、自然ともどっていくそうです。

 

問題の形や大きさについて、なぜそんな変化が生まれてしまうかというと、授乳中は、バストが大きくなるので、それに合わせバストの周りの皮膚も筋肉も大きくなっているわけです。
役目を終えた後、バストが元通りになれば伸び切った皮膚や筋肉は垂れてしまうというわけです。

 

この問題を、逆に考えてみれば、バストのサイズダウンや垂れてしまうのを防ぐためには、バストを支えている筋肉が伸びてしまわないように鍛えること、伸びた皮膚にハリを与える事が大切になります。

 

バストアップのためには、バスト自体を支えている筋肉である大胸筋を鍛えてあげることで、バストが垂れてしまうことを改善できます。

 

大胸筋を鍛えるためにおなじみなエクササイズは、背中を伸ばして、両手の手のひらを胸の前で合わせ、両方から強く押す

 

というのが、代表的です。

 

一日に行う回数は何度でもよいようですが、一日に何度も行うよりも、毎日決まった回数を長く続けるほうが効果が高いようです。

 

とてもお手軽な、エクササイズですので、育児の合間の日課に取り入れて、ぜひ行ってみてください。

 

「もっと効果を期待して、エクササイズをしっかり行いたい」という方にお勧めなエクササイズは、「膝立て腕立て伏せ」です。

 

普通の腕立て伏せを毎日続けようと思っても、女性にはかなりきついと思います。

 

そこで、女性用に考えられたのが膝立てで行なう方法。

 

 まず床に四つん這いのように膝を立てます。
 ひざはできるだけ伸ばしたほうが有効です。
 腕は肩幅より少し広めに広げます。
 そしてゆっくりと、ひじを曲げながら、床にあごが付くくらいまでゆっくりと体を落として、またゆっくりと元に戻ります。

 

膝をついている分とても楽ちんですし、大胸筋を鍛えるための力も、プッシュアップをメインにした動きなので無理なく動かすことができます。

 

嬉しいことに、二の腕を引き締める効果があることもおすすめの理由です。

 

まだまだほかにも、産後のバストを取り戻す方法はあります。

 

出産、育児の後なので仕方がないと諦めずに、ぜひ元の、もしくはそれ以上のバストを取り戻す努力をしてみてはいかがでしょうか。

 

ただ、今「大変そうだし、時間がないから・・・」そう思って諦めかけたあなた、ちょっと待ってください。

 

実は、毎日無理なく続けられて時間もかかることなく授乳前以上の美乳・巨乳にする方法があったんです。

 

気になる方は、是非下記をご覧ください。

 

 

>>授乳後の垂れた胸を戻しバストアップするDVDはコチラ

このエントリーをはてなブックマークに追加