【胸が離れている】原因と改善方法

胸の間と間が離れている場合の原因と対策

バストの形や大きさ、固さなどは人によって個人差があります。

 

色々なバストの女性が、いらっしゃいますが、バストに関する悩みを抱えている女性は、何と9割にも及ぶそうです。

 

その数多い悩みの中でも、よく聞く悩みが「バストの間と間が離れている」という悩みです。

 

バストカップは安定してあっても、バストの間が空いていると、谷間がなくなってしまうので実際のサイズよりも、バストが小さく見えてしまいます。

 

逆に言えば、バストサイズはちゃんと実在しているわけですから、後はこの間を寄せて、形を整えてあげればいいだけなのです。

 

では、胸の間が離れてしまう原因は何なのでしょうか?

 

原因としては様々な理由が挙げられます。

 

バストに適切なブラジャーを使用していない

 

ブラジャーのサイズをきちんとした下着屋さんで測ってもらったことがありますか?
大体この暗いと思い込んでいつでも同じサイズのものを購入していませんか?

 

体重にも変化があるように、バストにも変化はあります、当然スタイルも、年齢ごとに変わっていきますよね、なのにずっとブラジャーのサイズは変わりないなんてことはあり得ないのです。

 

きちんと下着屋さんで測ってもらった方も、それはいつの事でしょうか?
パンティーとセパレートで購入する方に多いのですが、ブラジャーの買い替えサイクルがやたらと遅い人がいます。あまり劣化がないせいか、いつまでも同じものを使い続けている方が多いのです。

 

ブラジャーがフィットしているというよりは、身体が着なれていて、それが当たり前になっているのでしょう。

 

それでは、バストが離れて行ってしまうのも当たり前です。
もっとこまめに採寸する必要があるのです。
厳密にいえば、ブラジャーのサイズは、ブラジャーメーカーによっても違うし、デザインによっても違います。

 

一番良いのは、買い替えるたびに、ちゃんと採寸してもらい、フィットも問題ないことをプロに確認してもらってから買うことです。

 

通信販売や、店頭でもお値打ちのブラジャーもたくさんありますが、バストの事を考えれは、ある程度しっかりしたものを専門店で購入したほうが身のためということです。

 

 

ブラジャーをしていない時間が一日の中で多い(夜間はしない・休日はノーブラなど)

これはとても、バストに対してストレスが多い状態です。

 

バストの形を美しく保つのも仕事の内である、モデルさんや女優さんたちの中では、お風呂に入っている時間以外にブラジャーをしていない時間は、まず、存在しません。

 

バストは脂肪でできています。

 

そのままの状態でも、横になっても引力に従う以外には形のありようがありません。
ということは、ブラジャーをしていない状態というのは、常に無理な方向に、バストは引っ張られ続けているということです。

 

それをきちんと知っている人は、日中には日中に適したブラジャーを、寝るときには眠るに適したブラジャーをしています。

 

だからこそ、美しいバストの形が保たれていくわけです。形を崩しただけのストレスをバストは感じ続けていたわけです。

 

 

ブラジャーを正しくつけていない

下着屋さんでプロに採寸してもらい、ぴったりのブラジャーを買ったとしても、正しくつけていなければ効果を発揮することはできません。
バスト自体も、乳首の位置も、ちゃんと収まるべきところが決まっています。

 

ただカップの中にバストが入っていればいいのかということではありません。正しい位置に安定していられないという理由からも、バストは形を崩してしまうのです。

 

日本人のバストは比較的、柔らかいタイプの女性が多いので、上記のような理由からいとも簡単に影響されて、形を崩してしまうのです。

 

バストが離れてしまうには、ほかにもいろいろな理由がありますが、なぜそうなってしまったのかは、きっと皆さん思い当たる節があるはずです。
その原因を探り、改善することができれば、誰でも、あこがれの「胸の谷間」を実現することができるのです。

 

 

 

>>形だけでなくバストアップもしてしまう驚きの方法はコチラ

このエントリーをはてなブックマークに追加