バストアップに効く食べ物は?

バストアップに役立つ食べ物は?

胸が小さくてスタイルに自信がない…
昔から悩んでいるけれど手術やお金がかかる事はできないし…

 

という女性も多くいると思います。

 

成長期に、あんなにも牛乳を飲んだのに…
身長も伸びず、バストカップもそこそこどころか・・・

 

諦めたくはないけれど、成長期も終わりこれ以上バストは育ってくれないしとガッカリして諦めている。

 

そんなことないですか?

 

でも、諦めるのはまだ早いですよ。

 

実は、成長期を過ぎてもバストアップする方法があるんです。

 

しかも、これといって大変な努力がいるわけでもないし、お金がかかるわけでもなくどこかに通うこともないし手術が怖いなんてこともありません。
毎日の生活の中で、誰もが当たり前のようにしていることにヒントがあったのです。

 

となればもちろん試してみたくなりますよね。

 

さて、その方法とは、「食事」。

 

いつも欠かさず三食食べている、食事にヒントがあったのです。

 

いつもの食事を少し、意識していくだけでバストアップにつながるなんていたって簡単。
誰にでも今日から実践できます。

 

では、何を食べればバストアップできるのかというと「大豆」です。

 

なぜ大豆が、バストアップしてくれるのかというと胸が大きくなるには女性ホルモンのエストロゲンという成分の分泌が必要になります。

 

エストロゲンには、乳腺細胞の発育を促進させる働きがあり生理前や妊娠時に胸が張るという現象は、このエストロゲンの分泌が排卵前に多くなるという理由からです。

 

また、エストロゲンは女性らしい体つきにしてくれる作用があります。

 

大豆の中に多く含まれるイソフラボンという成分は、とてもエストロゲンに構造が似ていて体内に吸収されるとエストロゲンのような働きをしてくれるのです。
そのため、乳腺細胞の増殖を促進できるのです。

 

大豆からできている食品は、納豆、豆腐、おから、きなこ、豆乳など様々ありますので、偏ることなく色々なレシピで毎日の食生活に取り入れやすいですよね。

 

私もこの事実を知ってから、朝のコーヒーに入れていた牛乳を豆乳に変えました。

 

最近では、豆乳の中にもコラーゲン入りのものや、調整豆乳という本来のものよりも飲みやすくなった味のものが出ているので、今まで豆乳は苦手と思っていたのですが意外と取り入れやすかったことに気が付きました。

 

さらに、日常よく使われる食材でバストアップ効果があるといわれているのは「キャベツ」です。

 

キャベツに含まれる栄養成分の中のボロンも女性ホルモンのエストロゲンを活性化する役割を果たします。

 

ボロンを摂取するには、生で食べるのが一番効率が良いそうです。
とんかつ屋さんで、千切りキャベツのお代りなんていくらでも食べれてしまいますよね。

 

これならば、楽に実践できると思います。

 

さすがに真似はできませんが、とある爆乳でおなじみのグラビアアイドルは毎日キャベツを丸々一つ分食べているのだそうです。

 

それから、良質なたんぱく質は血や肉を作る際に欠かせませんし、女性ホルモンが良好に分泌されるよう手助けをしてくれる役割があります。

 

たんぱく質は、植物性では先ほどあげた大豆がバストアップ効果を期待する中では一番といえますが、ほかにも牛乳、チーズ、サーモン、鶏肉、牛肉などにも多く含まれますので、ほかの栄養素の摂取も含め偏りのないように色々な食材から摂取するように心がけましょう。

 

 

今までバストが大きくならずに悩み続けていましたが、実はこんなに近くにバストアップに関係するヒントがあったのです。

 

バストアップにかかわる情報を知って、日常生活に進んで取り入れていけばお手軽にバストアップが期待できるのですね。

 

早速、期待して毎日の食生活を意識していきましょう。

 

 

 

バストアップに効果的な食事に変えたら、次のページではバストアップのツボです。
ツボを刺激し外側からの美バストを目指しましょう☆

 

 

>>管理人も実践済みのバストアップ方法はコチラ

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加